忍者ブログ

FrostyDesign

自分用にさまざまなものを作るページです

FrostyCoreArchitecture

制御系のアーキテクチャを書いてみたので公開。

まずは制御系ハードウェアのアーキテクチャ

以前に写真で説明しましたが、CPUはSH7145  50MHz 。
このクラスのマイコンボードとしては1MB DRAMとメモリ多めなのが選定ポイントの1つです。
FPGAボードとは16bit 50MHzのバスで接続。
FPGA内にICS3.0仕様のプロトコルモジュールを6ch、
PSコントローラのプロトコル処理もFPGA化しています。

FrostyCoreHWArchitecture

下記は、シーケンス図です。
通常はまずソフトウェアブロック図を示すところですが、
このアーキテクチャでは
純粋なソフトウェアはメインスレッドのみで
通常、スレッド分けて実装する通信処理系をすべてFPGAで実装しています。
メインスレッドからFPGAの通信はレジスタ経由なのでほぼメモリアクセスと同等で読み書きでき、
レジスタマップがAPIという感じです。
メインスレッド1つに通信系のスレッドが7つという感じでしょうか。
ADコンバータもコントローラ側で複数chスキャンしてるので5msに一回まとめてレジスタ読んでます。
メインスレッドは5ms毎のタイマー割り込みでループしていて、これがシステム制御間隔になっており、
センサ情報取得、PSコントローラ受信、サーボ制御、全て5ms周期になっています。
Sequence





PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
FrostyDesign
性別:
男性
自己紹介:
こんなロボット作ってます。
http://frostyorange.blog.shinobi.jp/Entry/28/

最新CM

[05/22 WilliamAdmib]
[05/20 WilliamAdmib]
[05/19 WilliamAdmib]
[05/17 Williamovelt]
[05/02 SiSO]

最新TB

(03/12)

ブログ内検索

バーコード

アクセス解析

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- FrostyDesign --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ